辻村明須香 画像

辻村明須香の美人女子プロ図鑑画像

辻村明須香は美人プロゴルファーとして話題ですね。
ゴルフダイジェストオンラインという人気ゴルフサイトには「美人女子プロ図鑑」というコーナーがありますが、ここにはもちろん辻村明須香の画像も紹介されています。

この画像は野村誠一氏という写真家が撮った写真集で、辻村明須香の画像以外にも塩田亜飛美・安田このみ・坂之下侑子・国本百恵・沖山とわ・古屋京子・真鍋早彩・宅島美香・吉崎千晃・笠りつ子・市來美和といったビジュアル系と言われる若手プロゴルファーの画像があります。

ところでこの中でどれだけの名前を知っているかというと、辻村明須香以外には笠りつ子くらいしかトーナメントでは名前が出てきません。やはりビジュアルが良くても、これからは強くなければいけない時代です。テニス界ではシャラポアがビジュアル人気を脱して実力も兼ね備えてきましたが、日本の女子ゴルフ界もぜひそんな女子プロに出てきて欲しいですね。

辻村明須香はまだまだビジュアル先行ですが、結構練習もしているようなので、これからの活躍に期待します。

辻村明須香 女子プロゴルファー

辻村明須香の逆を行く女子プロゴルファー

辻村明須香女子プロゴルファーの中のビジュアル系代表とすると、その対極にいる女子プロゴルファーは誰になるでしょうか。

ビジュアルを無視したアスリート系ということで、日本の女子プロゴルファーからランキング上位で探してみると、やはり元賞金女王の不動裕理。6年連続で賞金女王になったテクニックと練習量はナンバーワンです。
その不動の7連覇を阻止した大山志保は、がっちりとした体格で強いゴルフをします。愛車もランドクルーザーですから、どちらかというと男前ですね。
佐伯三貴はまだまだ若いのですが、女子プロゴルファー仲間からは「マダム」と呼ばれる落ち着きがあります。ぽっちゃり・どっしり系でゴルフはなかなか強いです。同じようなタイプだと福嶋晃子や服部道子あたりが来るでしょう。

辻村明須香はまだまだ彼女たちに比べると、ゴルフの腕前は足元にも及びません。女子プロゴルファーはきれいに越したことはありませんが、本職のゴルフが強くなくては意味がないので、辻村明須香はより一層のレベルアップが必要ですね。

辻村明須香 グラビア

辻村明須香のグラビアを買う人

辻村明須香グラビアを買う人はどんな人たちなのでしょう。
本当にグラビアアイドルが好きな人は、もっとセクシーで際どいグラビアを買うでしょうし、単なるゴルフ好きな人たちは、辻村明須香のゴルフクラブセッティングには興味があっても、水着のグラビアが欲しいとは思わないでしょうね。

辻村明須香のファン層をリサーチすると、女性よりは男性ファンの方が圧倒的に多くなっています。年代的には30代から40代・50代に人気があります。女性の場合は、中年よりもどちらかというと20代に人気があり、「あんなスタイルでごるふをしたいな」というゴルフファッションのリーダー的な存在になっています。

こう考えると、いったいどの層が辻村明須香のグラビア写真集などを買うのか不思議です。一般的なセクシーアイドルのグラビアは、主に10代後半から20代の男性が購入しています。
ただ、この方たちはあまりゴルフをしないので、辻村明須香という存在自体を知らない可能性が高いのです。
ゴルフ好きの社長室にこっそりあったりするかもしれません。

辻村明須香 ゴルフ

辻村明須香のゴルフコーチ

辻村明須香ゴルフコーチは、レッスンオブザイヤーを受賞した江連忠プロです。江連プロは自分でも男子ゴルフツアーに参戦しながら、学生からプロゴルファーまで多数の指導実績がある話題のゴルフコーチです。

江連プロは、辻村明須香の他にも2007年賞金王の上田桃子や、シード選手で活躍中の沖縄出身諸見里しのぶ、アメリカから戻ってきた東尾理子、男子では星野英正や今野康晴といった強いプロゴルフ選手を育ててきました。マスターズにも毎年出場している元賞金王 片山晋呉も以前コーチをしていましたね。

辻村明須香はプロゴルファーになった時から、一部ではビジュアル系として秘かな人気がありました。ただ実力的にはトーナメントで活躍できるレベルではなかったのですが、江連コーチについてからは体力・筋力アップや基本レッスンの反復などの努力の成果が徐々に出てきています。2008年はシード権はないものの、出場機会を争う予選会で11位に入りほとんどのゴルフトーナメントには出場できそうです。今度はシード権獲れるかもしれませんね。

辻村明須香 あすみん

辻村明須香(あすみん)が優勝するためには?

辻村明須香あすみん)が優勝するためには、どんな努力をしなければいけないかを考えてみます。

まずは優勝する前に、毎試合トーナメントに出るためのシード権を確保する必要があります。女子プロのシード権は賞金ランキング上位50名に与えられますが、辻村明須香(あすみん)の2007年賞金ランキングは830万円ほどで74位でした。2008年は予選会の成績が良かったのでほとんどのトーナメントに出場できるようになり、2007年よりも賞金額を増やすチャンスが増えました。

辻村明須香(あすみん)のデータをトッププロと比較すると、平均ストロークで5〜6打違います。1ラウンドでこれだけ差が出ると、2日間で10〜12打、3日間で15〜18打も違ってくるわけで、これでは優勝どころか予選通過も難しく、シード権は獲れそうにありません。

パーを取る確率パーセーブ率も、平均バーディー数やリカバリー率といったデータもすべて50位以下となっていて、とにかくすべてのデータをアップさせない限りは上位に食い込むことはできません。

急に飛距離が伸びたりすることもないので、まずはアプローチとパットを徹底的に練習する必要がありますね。

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。